【画像付】おすすめ恋愛漫画”花より男子”のあらすじと実写ドラマ版キャスト比較!

今回は実写化されたおすすめの漫画【 花より男子 】についてご紹介します!
スポンサードリンク



【 ①実写ドラマ化されたおすすめ恋愛漫画” 花より男子 ” とは?】

” 花より男子 “はマーガレット1992年から連載スタートし、2004年まで連載していた恋愛漫画です!

出版社は” 集英社 “で、作者は” 神尾 葉子 “さん。

出典:http://prcm.jp/album/bfa0e5bcce56/pic/11140475

【 あらすじ 】

超お金持ち達が集まる”英徳学園高校“に、普通の庶民である”牧野 つくし“が入学した。

理由は”玉の輿“を夢見る両親の強い勧めである。

英徳学園は”F4“と呼ばれる4人の超金持ちの息子達が仕切っていて、F4の親が”多額の寄付金“を学園に収めていた為、生徒・教師達はF4に逆らう事が出来なかった。

F4のメンバーは、”道明寺 司“、”花沢 類“、”西門 総二郎“、”美作 あきら“です。

牧野つくしはなるべく平凡に過ごそうとしていたのだが、あまりにも横暴なF4のリーダーである道明寺に逆らってしまい、学校全体からのイジメにあうことになる。

それでも折れずに立ち向かっていく牧野つくしに、道明寺は心が揺れ始め好きになってしまう。

それから周りを巻き込む大恋愛が始まっていくという”学園恋愛漫画“です。
スポンサードリンク



【 ②”原作漫画”と”実写化ドラマ”のキャストを比較してみよう! 】

花より男子 実写化ドラマ “は2005年10月21日12月16日第一弾が公開され、第二弾は、2007年1月5日3月16日まで放送されました。

2008年6月28日には”花より男子 ファイナル“として映画化もされています。

以下はその” 花より男子 実写化ドラマ “のキャストと” 花より男子 原作漫画 “のキャストを画像と項目ごとに比較してみました!

↓主な項目は以下の3つ↓

①見た目の再現率

②キャラ(雰囲気)の再現率

③総合再現率

※あくまで私の判断基準で再現率を決めています。

【 ① 牧野 つくし:井上 真央 】

出典先:http://image.topicks.jp

出典:http://blog.goo.ne.jp/goonao0426/e/a92c95b529d6356e13a76368ce26d44b

~ 比較 ~
■見た目の再現率『 90% 』

” 見た目 “の再現率は高くて、特に違和感は無いと感じました。

原作通りの愛嬌のある見た目で、かつ目立ち過ぎない感じが良く再現されていると思いましたね!

■キャラ(雰囲気)の再現率『 95% 』

正直原作通りの雰囲気ですね。

牧野つくしの” 素朴 “なのに” 力強く美しい “所が再現されていて、ベストなキャスティングだと思いました!

■総合再現率『 90% 』

総合的に見ても非の付け所は無いでしょう。

原作漫画をかなり読み込んでいる方でも、そこまで違和感を感じることはないと思います!

【 ② 道明寺 司:松本 潤 】

201509181620218f7.jpg

出典:http://mangakansou4107.blog.fc2.com/blog-entry-8.html?sp

出典:http://take-y.com/ninomiya-1002

~ 比較 ~
■見た目の再現率『 95% 』

実際に道明寺が存在したらこんな感じだと思います!

しいて言うなら身長くらいですかね。

原作の方が背が高く設定されている印象。

他は” 見た目 “に関して一切文句なし。

■キャラ(雰囲気)の再現率『 95% 』

雰囲気もすっごい再現されています!

道明寺の” ワガママ “で” 自己中 “なのに、” 一途 “で” 優しい “感じが出てて、すごく再現されていました。

■総合再現率『 95% 』

ホントこのキャラクターに関しては文句なしですね。

” 見た目 “も” 雰囲気 “もベストだと感じました!

【 ③ 花沢 類:小栗 旬 】

出典: http://www.s-woman.net

出典blogimg.goo.ne.jp

~ 比較 ~
■見た目の再現率『 85% 』

” 見た目 “の再現率に関して特に違和感は無いのですが、原作の方がもう少し” 可愛らしい “印象ですね。

スタイルなど、他の部分の再現率は完璧だと思います!

■キャラ(雰囲気)の再現率『 95% 』

” 雰囲気 “に関してはピッタリって感じです!

花沢類感MAXで、女性たちもかなり魅了されたことでしょう。

■総合再現率『 90% 』

総合的に見てもすごく再現率が高いと感じました。

原作漫画と実写化映画を比べても、特に違和感は感じないと思います。

【 ④ 西門 総二郎:松田 翔太 】

Soujiro Nishikado

出典:https://www.animecharactersdatabase.com/jp/characters.php?id=40806

出典:img-cdn.jg.jugem.jp

~ 比較 ~
■見た目の再現率『 75% 』

” 見た目 “の再現率に関しては、そこまで高いとは感じなかったですね。

人それぞれキャラクターのイメージがあると思うので、一概には言えませんが、私は多少違和感がありました。

ですが話が入ってこなくなるような違和感ではないのでご安心ください!

■キャラ(雰囲気)の再現率『 95% 』

” 雰囲気 “は非常に高い再現率だと感じました!

総二郎の基本” 大人 “なんだけどたまに” 子供 “な所が再現されていて、ほとんど違和感なかったですね!

■総合再現率『 85% 』

総合的に見ると良いキャスティングだと思いました!

【 ⑤ 美作 あきら:阿部 力 】

出典:http://hanarui.exblog.jp/iv/detail/?s=21052833&i=201312%2F06%2F53%2Fc0311753_16573227.jpg

出典:gb.cri.cn

~ 比較 ~
■見た目の再現率『 90% 』

” 見た目 “の再現率に関しては、” 髪型以外 “特に違和感は感じませんでした。

もう少し髪色が明るくて、” ゆるふわ “な感じだったら完璧だと思います!

■キャラ(雰囲気)の再現率『 95% 』

美作あきらの” 超絶お人好し感 “が全開に出ていて、ほぼ完璧に再現されていました!

■総合再現率『 90% 』

このキャラクターも、原作とほぼ違和感無いです!

ベストなキャスティングですね!

【 まとめ 】

今回は” 花より男子  実写化ドラマ “について書かせて頂きました。

かなりの名作なので知ってる方も多い思いますが、改めて原作と比較してみました!

やはり完成度の高い作品ですね。

恋愛漫画といえば” 花より男子 “だと思うので、一度ご覧になってみて下さい。

ご不明点やご質問等ございましたら、お気軽にコメント下さいね。

では失礼致します。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする