【画像付】おすすめ少女漫画”ラブコン”の実写映画キャスト比較!解説付き!

ラブ紺

今回は実写化されたおすすめの漫画【 ラブコン 】についてご紹介します!


スポンサードリンク



【 ①実写化されたおすすめ少女漫画” ラブコン ” とは?】

” ラブコン “は別冊マーガレットで2001年9月号から連載スタートし、2006年12月号までの約5年間連載された少女漫画です!

出版社は” 集英社 “で、作者は” 中原 アヤ “さん。

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/hitugaya16/GALLERY/show_image.html?id=1337830&no=50

↓あらすじ等の漫画説明はこちらの記事に詳しくあります↓

男におすすめする【 少女漫画ランキング 】!要素別に評価! – 【ジシャマン】実写化された人気漫画やおすすめの漫画ランキングをご紹介
スポンサードリンク



【 ②” 原作漫画 “と” 実写映画 “のキャストを比較してみよう! 】

” ラブコン 実写映画 “は2006年7月15日に公開された映画です。

以下はその” ラブコン 実写映画 “のキャストと” ラブコン 原作漫画 “のキャストを画像と項目ごとに比較してみました!

↓主な項目は以下の3つ↓

①見た目の再現率

②キャラ(雰囲気)の再現率

③総合再現率

※あくまで私の判断基準で再現率を決めています。

【 ①小泉リサ:藤澤恵麻 】

ラブコンの画像(1/4)出典:http://yaplog.jp/etoile_etoile/image_cv/393/http://yaplog.jp/etoile_etoile/img/393/pic01.jpg

出典:http://prcm.jp/album/546ef35515a7/pic/27548613
~ 比較 ~

■見た目の再現率『 50% 』

正直”見た目”のみに関しての再現率はあんまり高くない印象ですね。

身長だったりスタイルに関しては忠実に再現されていると思います。

ですが、原作漫画のリサはもう少し女の子らしさがあるな~と感じました。

■キャラ(雰囲気)の再現率『 85% 』

“雰囲気”に関しては申し分ないのではないでしょうか!

リサの”元気さ”や”強さ”が存分に再現されていたと思います!

原作通りを求める方なら多少違和感があるかも…といった感じですね。

■総合再現率『 60% 』

そこまで違和感は無いけど、特にピッタリだ!といった部分も無い印象。

凄い違和感がある訳ではないので、原作ピッタリを求めない人は充分楽しめるでしょう!

【 ②大谷敦士:小池徹平 】

出典hajime.self.jp

出典:http://blog.livedoor.jp/oranjyu/archives/51742195.html
~ 比較 ~

■見た目の再現率『 95% 』

“見た目”に関しての再現率はかなり高いですね!

大谷の”可愛らしさ”などが良く再現されていて、かなり適任だと思います。

どうしても足りない所をあげるとしたら、”男らしさ”が少し足りないかなーといった所ですね。

とはいえ大谷に関しては、原作漫画と実写映画で違和感はほとんどないと感じました!

■キャラ(雰囲気)の再現率『 90% 』

“雰囲気”の再現率に関しても非常に高いですね。

気になった所といえば”関西弁”くらいで、あとは何ら違和感ないと思います。

大谷の中性的な感じも出てましたし、良かったです!

■総合再現率『 90% 』

このキャラクターに関しては、原作通りを期待される方も違和感をそんなに感じないと思います。

大谷らしさがかなり再現されているので、ベストなキャスティングですね!

【 まとめ 】

今回は” ラブコン  実写映画 “について書かせて頂きました。

ラブコンは原作と実写映画で登場人物が結構違うので、主役の2人のみの比較になりました。

この作品に関しては” 原作漫画 “と” 実写映画 “では、分けて楽しむ方が良いかもしれませんね!

ご不明点やご質問等ございましたら、お気軽にコメント下さい。

では失礼致します。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする