【画像付】漫画”ピンポン”のあらすじと実写映画化キャスト比較!

今回は実写化されたおすすめのスポーツ漫画【 ピンポン 】についてご紹介します!


スポンサードリンク



【 ①実写映画化されたおすすめスポーツ漫画” ピンポン ” とは?】

” ピンポン “は週刊ビッグコミックスピリッツ1996年から連載スタートし、1997年まで連載していたスポーツ漫画です!

出版社は” 小学館 “で、作者は” 松本 大洋 “さん。

出典:asian-port.com

【 あらすじ 】

主人公は片瀬高校の卓球部に所属する” ペコ “と” スマイル “の2人。

2人とも卓球が上手く、幼馴染である。

かつては卓球の強豪校として名を馳せていた片瀬高校の卓球部も、現在では卓球をしている人でも知らない人がいるくらいになっていた。

しかし、ペコとスマイルが活躍していくにつれて片瀬高校の名も再び知れ渡ってゆく。

といった内容のコメディ要素も兼ね備えたスポーツ漫画ですね!


スポンサードリンク



【 ②”原作漫画”と”実写化映画”のキャストを比較してみよう! 】

ピンポン 実写化映画 “は2002年7月に公開された映画です。

以下はその” ピンポン 実写化映画 “のキャストと” ピンポン 原作漫画 “のキャストを画像と項目ごとに比較してみました!

↓主な項目は以下の3つ↓

①見た目の再現率

②キャラ(雰囲気)の再現率

③総合再現率

※あくまで私の判断基準で再現率を決めています。

【 ①ペコ:窪塚 洋介 】

「ペコ ピンポン」の画像検索結果

出典:www.nnraft.com

「窪塚 洋介 ピンポン」の画像検索結果

出典:topicks.jp

~ 比較 ~
■見た目の再現率『 90% 』

見た目の再現率はかなり高いと感じました!

独特の雰囲気といい、ここまで見た目を再現出来るんだなと思いましたね!

■キャラ(雰囲気)の再現率『 95% 』

雰囲気に関しても高い再現率だと思います!

ペコの” 挑発的 “な感じがよく再現されていますね。

■総合再現率『 95% 』

特に違和感もなくて、原作との差もそこまで感じることのないキャスティングだと思います!

【 ②スマイル:ARATA 】

「スマイル  ピンポン」の画像検索結果

出典:blogs.yahoo.co.jp

「ARATA  ピンポン」の画像検索結果

出典:topicks.jp

~ 比較 ~
■見た目の再現率『 90% 』

原作通りのキリッとした感じなど、高い再現率だと感じました!

見た目に関して特に文句のつけ所はないでしょう。

■キャラ(雰囲気)の再現率『 90% 』

雰囲気に関しても十分な再現率だと思いました!

スマイルの” 物静かな “感じがよく再現されていますね。

■総合再現率『 90% 』

原作を読んでいる方でもほとんど違和感を感じないと思います!

ベストなキャスティングでしょう!

【 ③小泉丈:竹中直人 】

「小泉丈  ピンポン」の画像検索結果

出典:www.animeranking.net

「竹中直人  ピンポン」の画像検索結果

出典:taisy02.com

~ 比較 ~
■見た目の再現率『 79% 』

見た目の再現率に関してはそこまで高いとは感じませんでした。

しかし、全体的な見た目の感じなら近いと思います!

■キャラ(雰囲気)の再現率『 95% 』

雰囲気に関しては、見た目の再現率をカバー出来るくらい高いと感じました!

■総合再現率『 90% 』

見た目の再現率は決して高くはないと思いますが、雰囲気の再現率で完全にカバー出来ています!

【 ④ドラゴン:中村獅童 】

「ドラゴン  ピンポン」の画像検索結果

出典:www.pingpong-anime.tv

「中村獅童  ピンポン」の画像検索結果

出典:masoha713561.amamin.jp

~ 比較 ~
■見た目の再現率『 95% 』

見た目の再現率はほとんど完璧じゃないでしょうか!

顔立ちといい原作通りだと感じました!

■キャラ(雰囲気)の再現率『 90% 』

ドラゴンの” ストイックでいかつい “感じがよく再現されていて、高い再現率だと感じました。

■総合再現率『 90% 』

全体的にも高い完成度だと感じました!

原作との違和感もほぼないでしょう!

【 ⑤チャイナ:サム・リー 】

「チャイナ ピンポン」の画像検索結果

出典:wwww.pingpong-anime.tv

「サム・リー  ピンポン」の画像検索結果

出典:blog.goo.ne.jp

~ 比較 ~
■見た目の再現率『 80% 』

見た目の再現率は特に非もなく可もなくって感じの印象です!

■キャラ(雰囲気)の再現率『 80% 』

雰囲気に関しても低くはない再現率だと思います!

■総合再現率『 80% 』

特に違和感もなくて、良く言えば原作との違和感がほとんどないキャスティングだと思います!

【 まとめ 】

今回は” ピンポン  実写化映画 “について書かせて頂きました。

この作品は展開が早く独特の世界観を出している作品ですね!

非常に読みやすい作品なので是非一度ご覧になってみて下さい!

ご不明点やご質問等ございましたら、お気軽にコメント下さいね。

では失礼致します。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする